ゲームのストーリー開始前に死ぬ“設定上最強キャラ”に転生したので頑張って生きたい

著者:としぞう

辺境の外れも外れ、魔獣が住まう樹海のすぐ傍に父親と2人で暮らす少年、ジル=ハースト。
彼には前世の記憶がある。

その前世の記憶によって彼は知った。
今自分が住む世界が、前世でプレイしたゲーム、『ヴァリアブレイド』で描かれた世界と酷似しているということを。

そして、彼が転生した『ジル=ハースト』は第三王女『セレイン=バルティモア』の元・護衛、そして設定上最強というキャラクターでありながら、物語開始時には死んでいるということを。

彼『ジル=ハースト』がどう生きたのか――その委細はゲーム内では語られることはない。

彼は物語におけるメインヒロインであるセレインの過去を掘り下げる際に名前が出てくる程度の存在でしかなく、どんな活躍をしたのか、一体どんな死因で、その死が何によってもたらされたのかは明らかではないのだ。

しかし、それでもジルは、設定通り最強に至れるポテンシャルを武器に走り続ける。
仲間と出会い、技を磨き、絆を育み――力を求め、命を燃やし続ける。

全ては近い将来、自身を待ち受けているであろう死の運命に抗うために。

そして、彼の実の両親を辱め、惨殺した仇――“魔神の眷属”へと復讐を果たす為に。

※カクヨムをメインに更新中

ゲームのストーリー開始前に死ぬ“設定上最強キャラ”に転生したので頑張って生きたいのページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました