前世で無能と罵られ続けた田中さん、腹いせに「私、また何かやっちゃいました?」と全力で煽りながらの異世界無双

著者:九頭七尾

世界最強の力を得て異世界に転生した田中さん。
前世で無能と馬鹿にされ続けた鬱憤を晴らすべく、全力で無双していく――
――全力でとぼけながら。

「私、また何かやっちゃいましたか?」
「君は自分がどれほどのことをしたのか、自覚がないのか!?」
(いえ、ありますよ)

「え? ドラゴンくらい素手で倒せますよね?」
「倒せるわけないだろう!?」
(もちろん知ってますよ)

これは無自覚を装った、自覚ありの異世界無双。

前世で無能と罵られ続けた田中さん、腹いせに「私、また何かやっちゃいました?」と全力で煽りながらの異世界無双のページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました