無能だ落ちこぼれだとさんざん言われ追放された四男、実は【古龍のマナ】と【神龍のマナ】を持つ最強魔導士だったので破壊と再生の二つの力で気ままに生活。家に戻れ?聞くわけないだろ~辺境の村からの成り上がり~

魔法の名家・ストライン家の四男として生まれたアレン。
兄弟や門下生はどんどんとその才能を開花させていく中、アレン一人だけは簡単な魔法すら使うことができず、ほかの人間と比べられ、さんざんにさげすまれる日々を送っていた。

そんな中、10才の誕生日にアレンは父、ダレン・ストラインに破門を告げられる。

当てもなく街を出て歩いていると、その道中に一人の少女と出会う。
彼女は【古龍の巫女】を名乗り、アレンに【古龍のマナ】が眠っていると告げる。

魔法が使えないというのは、【古龍のマナ】では普通の魔法への媒介にはならないからであった。
【古龍のマナ】が媒介になるのは【闇魔法】。

数年の後、魔法学園に入学したアレンは【神龍の巫女】を名乗る少女、カイナに出会い、【神龍のマナ】があることを告げられる。

【神龍のマナ】が媒介するのは【光魔法】。

破壊をつかさどる【闇魔法】と、再生をつかさどる【光魔法】の二つの能力を持つアレンにとって、自身を家に戻そうとするストラインの刺客など敵ではない。

今日もアレンは自由気ままな生活を送るのであった。

無能だ落ちこぼれだとさんざん言われ追放された四男、実は【古龍のマナ】と【神龍のマナ】を持つ最強魔導士だったので破壊と再生の二つの力で気ままに生活。家に戻れ?聞くわけないだろ~辺境の村からの成り上がり~のページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました