隣の幼馴染が「アイドルになったから」とマウントを取って俺に別れを告げた、だが俺はドームを埋める級のアイドル『AZUMA』だった。

著者:冰乃

ある日俺は、幼馴染の美菜に「アイドルになったからお前とはもう立場が違うんだよ。」などと、別れられ俺の何かが切れた気がした。そして、その美菜が好きなアイドルAZUMAは俺だった。そして、俺はAZUMAとして美菜に復讐(ざまぁ)をすることにした。

隣の幼馴染が「アイドルになったから」とマウントを取って俺に別れを告げた、だが俺はドームを埋める級のアイドル『AZUMA』だった。のページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました