俺が出ていったらこの島が墜ちるにもかかわらず、追放させられたので新天地で最強にでもなりたいと思います~島を浮かせる必要が無くなったので魔法が使い放題になりました~

著者:一木連理

一族代々貴族だったケルン。だが、親友の起こしたクーデターと共に浮島、ルーナ島を追放されてしまい身分も暮らしもすべてを失ってしまう。
だが、ケルンは一族に代々伝わる秘密のスキルを抱えていた、その名も――『青空迷宮』。なんでも宙に浮かせる能力。

「俺が追放されると島が墜ちるぞ! いいのか!?」
「んなわけねーだろバーカ!」

誰にも信じられなかったケルンは、島を追い出され、そして――ルーナ島を地に墜とした。

島を浮かせる必要もなくなったので、魔力も使い放題!
飛べる魔法ってなんだかんだ最強かも?
新しい土地で学校に行ったりギルドに行ったり、新しい人生を始めるぞ!

俺が出ていったらこの島が墜ちるにもかかわらず、追放させられたので新天地で最強にでもなりたいと思います~島を浮かせる必要が無くなったので魔法が使い放題になりました~のページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました