ドアマット系恋愛小説の舞台装置として生まれた彼女

著者:柊と灯

他の女の子と共に居ても、罵られても、微笑みすら貰えなかったとしても、それでもアストレイアは婚約者のことが好きだった。苦しくはない、耐えればいつか報われる。嵐が過ぎるのを待つように、彼女はただ毎日を過ごす。けれど幼馴染であるセーレが他国から戻ってきたことで、アストレイアの日常は少しずつ変わり始める。ドアマット系恋愛小説のヒロインとして生まれた少女と、そんな彼女の笑顔が見たい少年。今、シナリオがポロポロと崩れ始める。

ドアマット系恋愛小説の舞台装置として生まれた彼女のページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました