疎遠になっていた九歳年上の幼馴染のポンコツお姉さんをブラック企業から助けたら、そのまま両片思いで半共同生活が始まってしまった。

著者:トウフ

高浪律(たかなみ りつ)、十六歳。生真面目が服を着て歩いていると言われる高校生。趣味はラブコメweb小説を読む事。
そんな律には九歳年上の幼馴染、森村彩音がいた。

背が高くて胸が大きくて。
ぞっとするほど長い黒髪が似合う奇麗な顔立ちで。
口が悪くてちょっと意地悪で。

そして、優しかった『彩姉』。

しかし、律が小学生の頃、祖父の死をきっかけに彩姉とは離れ離れとなってしまう。
以来、彼女と会う事はなかった。

それから時が流れ、高校に入学して一カ月が経った頃。
律は踏切で出会う。

背が高くて胸が大きくて。
ぞっとするほど長い黒髪が似合う奇麗な顔立ちで。

けれど、生気を失ってしまった『彼女』と──。

これは、十六歳の男子高校生と二十五歳の社会に疲れたやさぐれOLさんが、あれこれ触れ合いつつ共同生活をしてお互いに欠けている部分に気づき、それを埋めてゆくほんわかストーリー。

※3話と7話にやや暗いシーンがありますが、それ以降は最後までほんわかしてゆく予定です。

2020/07/13 現実世界〔恋愛〕日間ランキングで2位、週間で4位、月間で18位を頂戴致しました。

沢山のご声援を賜り、厚く御礼申し上げます。ブックマークに入れていただいた方々、評価いただいた方々、また拙作に触れていただいた方々、本当にありがとうございます。

疎遠になっていた九歳年上の幼馴染のポンコツお姉さんをブラック企業から助けたら、そのまま両片思いで半共同生活が始まってしまった。のページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました