冴えない投資家の俺が奴隷商の言われるがまま奴隷の女を買ってみたが、その女は元々いいところの育ちだったようで……?

軍事産業の発展で大成功した富豪のもとに二人の娘がいた。
二人の娘は不自由なく暮らしていたが、砲撃の音とともにその生活は崩れ落ちてしまう。
町から脱出するも捕らえられ、奴隷として別々に売られてしまう。

半年後、冴えない投資家の男が奴隷商から一人の女の子を買う。
奴隷といえば言葉は禄に話せず、読み書きは大してできず、ストレス発散用の生きた人形というのが常識。
働きに特に期待していたわけではないが実際にともに生活してみると……?

====
追記 2020/7/11
ジャンルについて、恋愛の現実世界では不適切ではないかというご指摘を多数いただきました。
私のジャンル選択が誤りであると考え、恋愛の異世界に変更いたします。
ご迷惑をおかけして大変申し訳ありませんでした。
また、ご指摘をくださった方々には本当に感謝しております。ありがとうございました。

冴えない投資家の俺が奴隷商の言われるがまま奴隷の女を買ってみたが、その女は元々いいところの育ちだったようで……?のページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました