手をついて謝れ、話はそれからだ

著者:エイ

ミアは幼い頃から感情をコントロールすることを強いられてきた。

生まれた時から内包する魔力が強いミアは、感情が高ぶるとその魔力を暴走させてしまうことがある。そのため怒ることはもちろん、大声で笑ったり泣いたりというすべての喜怒哀楽を抑えるよう教育されてきた。
幼少期から苛烈な体罰をもってその制御方法を体に教え込まれてきたミアは、魔法学校に入学した頃には泣きも笑いもしない無表情の子どもになっていた。無表情のミアに友達が出来るはずもなく、彼女はいつもクラスで独りだった。

そんな彼女に急に話しかけてきたクラスの女の子、リリアナ。彼女は何かにつけミアに『ずるいずるい』といって色々なものを要求する。人と話すのが苦手なミアはリリアナの言う言葉がどうも理解出来ずにいた。
ずるいって、なんだろう?もう意味が分からない……。

手をついて謝れ、話はそれからだのページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました