とにかくイケメンな女子・クラスメイトの日向さんからの告白をうっかりスルーした結果

著者:砂臥 環

日向さんはイケメンよりイケメンの女子である。
斉木はそんなイケメン日向さんが唯一仲良くしている男子。
日向さんは実は男子が苦手らしいこと、日向さんは奥ゆかしく、小説好きなこと。
それを知っているのも当然、斉木だけだ。

斉木は日向さんに好意を抱いているが、それが恋だとか、そういうことは特に考えたことがない。

だがある日──

とにかくイケメンな女子・クラスメイトの日向さんからの告白をうっかりスルーした結果のページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました