顔面至上主義令嬢は自分にしか興味がない

著者:霧谷 凜

鏡に映る絶世の美少女に、私は歓喜する。
前世はとてつもないブスで、散々な目にあってきたから。

ある日突然思い出した前世の記憶。
今世の私は絶世の美女のティリノーア。
ティリノーアは、とある乙女ゲームの主人公のライバルキャラとして登場する。
自身の美貌を活かしつつ、攻略キャラの婚約者かつぶりっ子要員としてことある事に主人公の恋路を邪魔をしてくるのだ。
しかし最後は、攻略キャラと主人公が結ばれる。婚約者であったティリノーアは婚約破棄をされ、その美貌があるにも関わらず婚約破棄された傷物令嬢として扱われるのである。

…でもそんな設定知ったこっちゃありません!
悪役?婚約破棄?私のこの美しさに落ちない男なんか、こちらから願い下げだわ!
私はティリノーアの美貌を使って、今度こそ幸せに生きてやります!!

顔面至上主義令嬢は自分にしか興味がないのページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました