わたし、聖女じゃありませんから

著者:長月 おと

ステラは恋人で第二王子ライルの存在を心の支えに、聖女として魔物討伐隊の怪我を懸命に治してきた。しかし五年が経とうとした頃、真の聖女を名乗るオリーヴィアが現れ、ステラの人生は急変した。濡れ衣を着せられ、称号も恋人も討伐隊としての居場所の全てを失い、聖女だったステラは表舞台から消えた。
それからステラは国の知らぬところで人生を再スタートさせ、謳歌していた。そんな彼女が亜人の青年リーンハルトと出会ったことで、また新たな運命が動き出した。
【完結まで毎日更新を予定】

わたし、聖女じゃありませんからのページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました