この想いは永遠だと、そう思っていた

著者:武見ゆう

ステンキル侯爵家のユスティーナは、第三皇子の婚約者。
仲が良かったはずの皇子は、ユスティーナではない令嬢をエスコートし、ダンスをしている。
ユスティーナは、ずっと抱えていた想いを断ち切る決心をする。

この想いは永遠だと、そう思っていたのページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました