SSS級パーティーに追放され宝物庫に閉じ込められたけど、雑草を食べて生き延びていたら、それがS級素材で魔力Lv.∞の不死身になっていた~

著者:米原千冬

ダンジョン中間層で冒険をしていたアルフは異常なまでのダンジョン知識を買われS級パーティーに入ることになる。最強の仲間たちとともにダンジョンを攻略していくアレフ。

しかし、やっと思いで辿り着いたゴール地点の宝物庫でアレフは追放される。理由はそのダンジョンの宝物庫は【6人で入り5人で出る】ことがルールであったからだ。

「お前は捨て石だ」と仲間に言われ絶望したアレフは生贄としてダンジョン最下層の宝物庫に閉じ込められてしまう。仲間の裏切りにより岩に押しつぶされ、死ぬしかないかと思われたアレフだったが、宝物庫全体にかけられた最上級回復魔法のせいで死ぬこともできない。アレフは周りの雑草を食べてなんとか生き延びる。

そんな生活を続けること早10年・・・アレフの魔力はとんでもないレベルにまで上がってしまったのである。これは不死身となったアレフが死に場所を求めながら裏切った仲間たちにざまぁしていくお話。

SSS級パーティーに追放され宝物庫に閉じ込められたけど、雑草を食べて生き延びていたら、それがS級素材で魔力Lv.∞の不死身になっていた~のページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました