聖女が妹だった時~私と別人のように言い寄ってくる婚約者~

著者:シュウ

その日聖女認定されたのは初代聖女の名を持つ妹のカサンドラだった。これにより私と第一王子の婚約は白紙になるはずであった。漸く仮初めの関係が解消されると思っていた矢先、我が屋敷を訪れた殿下はまるで別人かのように甘い言動を見せてきて私は困惑するばかりだった。

聖女が妹だった時~私と別人のように言い寄ってくる婚約者~のページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました