俺は悪役令嬢を愛しているのにゲームの強制力に逆らえない

著者:来世

幸せな世界で生きていた俺はある日、身体を支配されて…

※乙女ゲームの強制力が強すぎたらどうなるのだろう、という思いつきで書いた話です

俺は悪役令嬢を愛しているのにゲームの強制力に逆らえないのページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました