転生領主の優良開拓〜前世の記憶を生かしてホワイトに努めたら、有能な人材が集まりすぎました〜

著者:空野進

元社畜の俺は過労死の末、魔族や有力貴族の領地に挟まれた弱小領主の息子に転生していた。
魔物の襲撃による両親の死で領地を引き継ぐことになったものの、領民もその騒動でいなくなってしまう。
しかしこんな危険な領地に来てくれる人なんているのだろうか?
いや、それなら求人の条件を良くすれば良いんだ。

『毎週二日の休日』『残業はなし』『安定した給料』『福利厚生』

徹底的にホワイトとなるように心がけると、Sランク冒険者や賢者、聖女、挙げ句の果てには勇者や魔王すら雇われに来てしまった。
もしかしてこの世界も意外とブラック?
よし、それなら俺が徹底したホワイトな領地を目指してやろう。

転生領主の優良開拓〜前世の記憶を生かしてホワイトに努めたら、有能な人材が集まりすぎました〜のページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました