愛に狂う〜My time is spinning around〜

著者:てと

私の八歳の誕生日に、目の前で母が首を吊った。
母はいつも微笑んでいた。
父が外で愛人を囲っていても、屋敷で存在を無視をされていても、使用人に軽んじられていても、父の両親になじられても、母は優しく微笑んでいた。

※序章は「愛に狂う」の連作短編集です。
続編であり本編でもある物語を執筆し始めました。

宜しかったら、感想・評価・ブックマークをしてくださると、泣いて喜びます

愛に狂う〜My time is spinning around〜のページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました