シャバの「普通」は難しい

著者:中村 颯希

【4/25 コミック3巻発売】
「この世の地獄」と称されるヴァルツァー監獄。
服役中の娼婦から生まれ、囚人仲間によって獄内で育てられた少女・エルマは、大国ルーデン王の崩御を機に、恩赦として監獄から「釈放」させられる。
釈放の発令者である第二王子ルーカスの命で、王宮付き侍女となったエルマ。母の言いつけ通り「普通」の少女を目指して過ごしはじめるが、うっかりぶっ飛んだことばかりやらかしてしまう。
それというのも、娼婦譲りの美貌に詐欺師譲りの読心術、狂戦士の戦闘術に、マッドサイエンティストの医術――「家族」である囚人仲間に、かなり独特な「普通」を教え込まれていたからだった。
彼女の常識外れの能力や行動は、やがて王宮全体を揺るがしていき――?
「もしや……シャバの方というのは、そのくらいのこともできないのですか?(真顔)」
”普通”を目指すわけあり少女の、うっかりシャバ無双物語。
※完結しました。最後までお付き合いくださった皆さま、本当にありがとうございました!

シャバの「普通」は難しいのページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました