そう仰るなら、教養を身につけてくださいませ

著者:mayan

「私が王妃になるんです!!」

突然屋敷に押しかけてきたピンク色の髪に同じくピンク色の瞳を持つご令嬢。
私の婚約者である王太子と愛し合っていると主張する彼女に私は……。

そう仰るなら、教養を身につけてくださいませのページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました