悪役令嬢は国一番の娼婦を目指したい

著者:冬野月子

乙女ゲームの悪役令嬢に転生したイザベラ。
娼館に追放されるエンドを回避しようと努力したものの叶わず…

「でもあんな王子に嫁ぐくらいなら娼婦になった方がマシ!」

複数の妻や愛人は当たり前、でも女には貞淑を求める。
そんな不公平なこの国で、いっそ男達を手玉にとる国一番の娼婦になってやる。

そう意気込むイザベラだったけれど、周囲の思惑は違うようで…

※娼館を舞台にしていますがR指定が必要な描写は出てきません。

思いついた勢いで書いたので設定等ゆるいです。軽い気持ちでお読みください。

(この話はアルファポリスでも公開しています)

悪役令嬢は国一番の娼婦を目指したいのページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました