影の宮廷魔術師 ~無能だと思われていた男、実は最強の軍師だった~

著者:羽田遼亮

エルニア王国にある宮廷図書館、そこに給料泥棒のあだ名を持つ魔術師がいた。
彼はその評判を気にすることなく今日も本に埋もれる生活を送るが、ある日、うっかり10倍の敵軍を倒してしまう。

「あなた様は天才です。どうかこの国を救ってください」
「いやだ、本を読む時間がなくなる」
「…それでは影からこの国を操ってください」

こうしてエルニア王国の影の実力者となった宮廷魔術師レオンは、目立たずこっそりと無双をするのだが、そのあふれる才能を周囲のものが放っておくわけもなく――。

影の宮廷魔術師 ~無能だと思われていた男、実は最強の軍師だった~のページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました