6年後に戦地から帰ってきた夫が連れてきたのは妻という女だった

著者:白雲八鈴

 私はウォルス侯爵家に15歳の時に嫁ぎ婚姻後、直ぐに夫は魔王討伐隊に出兵しました。6年後、戦地から夫が帰って来ました、妻という女を連れて。
 もういいですか。私はただ好きな物を作って生きていいですか。この国になんて出ていってやる。

 ただ、皆に喜ばれる物を作って生きたいと願う女性がその才能に目を付けられ周りに翻弄されていく。女性は自由に物を作れる道を歩むことが出来るのでしょうか。

*この話は「番とは呪いだと思いませんか」と同じ世界観です。本編を読んでいなくても全く問題ありません。
*アルファポリス様にも投稿させていただいております。

6年後に戦地から帰ってきた夫が連れてきたのは妻という女だったのページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました