男爵令嬢なのに皇太子妃候補ってどういうこと?ぶっちゃけ迷惑です

著者:

貧乏領地の男爵令嬢ミリアージュは、ある日「国一番の美人と結婚したい」というチャラ皇太子の言葉に、皇太子妃候補10人のうちの一人に選ばれてしまう。
普段はオシャレ皆無、地味に目立たず過ごしているミリアージュは「こんなチャラ皇太子が国王になったら国が亡ぶ!」と考え「領地や領民を守らなくちゃ!」と奮闘するのである。

重複投稿。完結済で予約投稿最後までします。

男爵令嬢なのに皇太子妃候補ってどういうこと?ぶっちゃけ迷惑ですのページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました