黒狼王は身代わりの花嫁を寵愛する ~虐げられし王女の溺愛結婚~

著者:高岡未来

愛妾の娘であるエデルは王女でありながら王妃たちにいじめられて育ってきた。
あるとき、隣国との縁談を厭った異母姉の身代わりとしてエデルが嫁ぐことになる。
エデルのことが憎い王妃は婚姻のどさくさに生じてエデルの暗殺をもくろみ……。
一方エデルの縁談相手であるオストロムの若き王オルティウスは、隣国からやってきた姫であるエデルの態度に疑問を持ちながらも、彼女に接していくうちに徐々に態度を軟化させていく。
前半ドアマット、色々と大変な目に遭うヒロインですが、なんだかんだと夫から大事に過保護に愛される物語。※前半いじめられるシーンがありますのでご注意ください。
ストック切れたら亀更新予定です

黒狼王は身代わりの花嫁を寵愛する ~虐げられし王女の溺愛結婚~のページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました