エリザベートは愛想が尽きた

著者:まきぶろ

「子供の頃はかわいかったのに、今は俺の嫌いな『その辺の貴族令嬢』になっちゃって」
 婚約者の王子が陰で自分の不満を口にしているのを偶然耳にしたエリザベート。
 はぁ?!! お前が私を婚約者に望んだから、淑女教育を受けさせられてるんでしょ?!
 
 愛想が尽きてブチ切れた彼女が王子を捨てて幸せになる話
 
 勢いだけで書いたので勢いで読んでください。書きたいように書いたご都合主義展開です。

エリザベートは愛想が尽きたのページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました