十回目の人生、華麗に生きてみせましょう

著者:真崎 奈南

 ロザンナ・エストリーナ。ブロンドの髪に青い瞳。可愛らしい見た目から、幼少期は天使と呼ばれる。
 父親は宰相、十歳の時にアルベルト王子の花嫁候補に選ばれ、誰もがその人生は輝かしきものになると思っていたが、馬車事故で両親を亡くしてから、翳りが生じる。
 王子の花嫁には選ばれず、生きるか死ぬかの狭間で怯えながら生きる日々。ロザンナは諦めのため息と共に生涯を終えるが、

……すぐに人生の幕は上がり、彼女は九歳から人生を繰り返すこととなる。

「私、この人生飽きましたわ」

 うんざり発言から始まった十回目。なんだか今回はいつもと違っていて……。今まで使えなかった光の魔力で両親を救ったら、王子の溺愛っぷりが爆発。
 しかし、彼への想いなどとっくの昔に捨てました。王子の愛は不要です。十回目の人生、ひとりで華麗に生きてみせましょう。

十回目の人生、華麗に生きてみせましょうのページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました