◆勇者パーティを追放されたので最強スキル「確率操作」でざまぁします 〜1億回コインを投げて1億回表をだす冒険者はひっそりと生きたいのに周りが放っておかない〜 ◆

この世を支配するのは、スキルでもなく魔法でもなく───「確率」である。
冒険者ダイスは【確率操作】というスキルで、あらゆる確率を操ることができた。
クエストでは危険な魔物との遭遇率を減らし、良い宝具のドロップ率を上げる。
そうして勇者パーティをサポートしていたダイスだが、【確率操作】の力を信じない勇者から、ある日、ダンジョンの最深部で囮にされ、見捨てられる。
ダイスは半死半生の身でダンジョンを抜け出し、そして誓った。これからは、自由に生きよう。できるだけ目立たないように、ひっそりと。
しかし【確率操作】というチートスキルが「ひっそり」できるはずもなく、無自覚にダイスは成り上がっていく。一方、【確率操作】の恩恵を失った勇者パーティは徐々に崩壊し始めた。彼らは成り上がりはじめたダイスに復縁を要請するが……

※1話1000〜3000字程度。スマホでテンポよく読めます。

◆勇者パーティを追放されたので最強スキル「確率操作」でざまぁします 〜1億回コインを投げて1億回表をだす冒険者はひっそりと生きたいのに周りが放っておかない〜 ◆のページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました