不遇職【鑑定士】が実は最強だった〜奈落で鍛えた最強の【神眼】で無双する〜

著者:茨木野

※書籍化、コミカライズ決定しました!
【Kラノベブックス】様から書籍が、【マガジンポケット】様でコミカライズします!

※コミカライズは【7/29(水)】スタート!
毎週水曜日に更新します!

女神から与えられた【職業(ジョブ)】によって、人生が決定づけられる世界。

主人公のアイン15歳の少年は、【鑑定士】という、物を鑑定する以外に能のない不遇職。

ある日、ダンジョンで、仲間の失敗によってモンスターの大群に襲われる。一人置き去りにされたアインは、奈落へと落ちる。

そこでアインは、地下深くに生える特別な木・【世界樹】の精霊と、それを守る賢者に出会う。

彼女らの力を借り、アインの鑑定能力は超進化。全てを見切る【神眼】を手に入れる。

敵の動きを完璧に見切り、つけば即死の相手の弱点を見破り、相手の使う攻撃・魔法を見ただけでコピーする。

最強の力を身につけ、アインは地上へ脱出し、第二の人生を送るのだった。

(※書籍化に伴いタイトル変更しました。
旧タイトル「不遇職【鑑定士】が実は最強だった〜奈落で鍛えた鑑定スキルが、チート化して全てを見切る神眼になった件」)

不遇職【鑑定士】が実は最強だった〜奈落で鍛えた最強の【神眼】で無双する〜のページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました