盲目の天使様の代わりに目となると言って告白したらベタ惚れされて甘々な同棲生活が始まった

著者:あきら

重度の食中毒により入院している吉村孝義は盲目の少女──柊新奈に一目惚れをしてしまった。
仲良くなりたくて話しかけ、さらには告白までしてしまう。
新奈は美少女であるのだが、目が見えないのと白い髪や肌なのが影響し、友達が出来なかったようだ。
それもあって嬉しかったのか、新奈は孝義の告白を受け入れる。
病室で沢山イチャイチャして退院後は、二人して一緒に暮らすことになった。
新奈は高校入学直前に骨折で入院して学校に行けてなかったが、孝義とは同じ学校で同じクラス。
ゴールデンウィーク明けには一緒に学校に行き、孝義は新奈のサポートをして目が見えなくとも二人して学校生活を満喫していく。
砂糖大量投入してます。

盲目の天使様の代わりに目となると言って告白したらベタ惚れされて甘々な同棲生活が始まったのページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました