女に優しくするのやめてみた~唯一の取り柄だった優しさと脂肪を削ぎ落とした結果、残念なイケメンが誕生した~

「あんたのいい人って、どうでもいい人って意味だよ」女子から放たれた辛辣な言葉。
優しさだけが唯一の取り柄だった巨漢の日下部元日(くさかべ もとはる)。彼は深く傷ついきそれ以来、学校に行けず、ろくに食事も摂らず部屋にひきこもってしまう。
そんな生活が三か月続き激やせしてしまったある日、遂にキレた母は別の高校に行けと一方的に彼を家から追い出し祖父に預けてしまう。
しかも母が選んだ高校は男女比率1:18という元女子高だったのだが、彼にはある思いがあった。
それは『もう女に優しくするのはやめよう』というもの。
そんな思いが転校初日の自己紹介で彼に暴言を吐かせてしまう。「クソ女ども」と。
そのことがきっかけで日下部元日はクラス全員の女子を敵にまわしてしまうのだった。
少しイタい主人公とそれを取り巻くキャラたちとの成長物語です。
※序盤の設定を変更して修正しました。2020.8.7
※カクヨムにも投稿しています。
※編集者ツッツー添削OK

女に優しくするのやめてみた~唯一の取り柄だった優しさと脂肪を削ぎ落とした結果、残念なイケメンが誕生した~のページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました