復讐の輪舞 ~最後に笑うのは誰だ?~

著者:悠樹

卒業パーティの席で、第三王子のアルフォンスは婚約者である公爵令嬢を一方的に断罪し、婚約破棄を叫んていた。そんな殿下の傍らにはアンナという綺麗な少女が守られるように立っている。どうやら殿下は彼女と結婚したいようだ。…しかしパーティーの翌日、何故かそのアンナが忽然と姿を消した。そうして始まった復讐劇は、意外な形で幕を閉じる。

復讐の輪舞 ~最後に笑うのは誰だ?~のページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました