エヴァリエンヌ第ニ妃の鬱憤

著者:腹黒兎

聖女の降臨により皇妃になるはずが第二妃とされ、愛情も向けられず仕事を押しつけられたエヴァリエンヌのお話。

  ◆◇◆◇◆◇

どこかで見たテンプレな展開に、作者の鬱憤が溜まって衝動的に書いてしまいました。

エヴァリエンヌ第ニ妃の鬱憤のページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました