アドサーに入って四年、元悪役令嬢は星の数ほど女を抱いた男と別れた

著者:山納言

元ホストの冒険者に誘われ、アドサー(冒険者クラン)に会計係として入った元悪役令嬢のソフィア。それから四年間、彼女は仲間たちとともに日々を全力で駆けぬけてきた。そんなある日、町中の小川にかけられた石橋のうえで物思いに耽っていたところ、いつかと同じように声をかけてくる輩がいた。 「へい彼女、今から俺とパコりましょう?」 相変わらずクソみたいな口説き文句を聞かされたソフィアは彼に別れを告げる――  ※前作の続きとなるエピローグ短編です。ご注意くださいませ

アドサーに入って四年、元悪役令嬢は星の数ほど女を抱いた男と別れたのページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました