ある婚約破棄のその後

 ある日のデートで突然、婚約者の誠也から「社長の令嬢と結婚する」と別れを告げられた希美。
 居酒屋で大学時代からの友人、環に愚痴った希美は翌週、刑事の訪問をうける。
「環さんが亡くなりました」とーーーー

※R15は保険です(一応、死人が出るので)

ある婚約破棄のその後のページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました