子連れの聖女は捨てられる

著者:斗瑚

2年前に両親が亡くなり、幼い弟:楽斗(4)と2人で暮らす天羽詩織(18)。昼間は働き、延長保育で預けている弟を幼稚園に迎えに行った帰り道。自転車に乗った女の子とぶつかりそうになる。すると突然眩しい光に包まれた。気がつけばそこには違和感しかない格好をした人々が。キラキラしたイケメンさんは、ここは異世界で自転車の女の子を聖女という。そして私と楽ちゃんは侍女とその弟という設定らしい。なぜか、あの女の子も否定しない。そして、弟と2人見知らぬ世界の森の中で捨てられた。

・・・はっ?

ありえない!絶対に楽ちゃんを守って見せるんだから!

弟ラブな姉が、異世界で弟を守りつつ、人生を楽しむお話です。

拙い文章ですが、読んで頂けると嬉しいです(^^)

子連れの聖女は捨てられるのページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました