パパ活JKの弱みを握ったので、犬の散歩をお願いした。

著者:持崎湯葉

 ギャルJK・乃亜によるパパ活の決定的瞬間を目撃したのは、隣人のアラサー男・梶野。
「秘密にして」とすがりつく乃亜に、梶野が課したのはエッチな要求……じゃなくて、

「犬の散歩、よろしく」

 そんな梶野の優しさに触れていく中で、乃亜はあっという間に惹かれていく。
 年上好きでおじさんの匂いフェチ、スーツフェチな乃亜からみて、梶野はどストライクだったのだ。
 そうしていつしか毎日のように、梶野の家を訪れるようになる。そんな乃亜の積極的な誘惑に梶野はあたふた。

 果たして梶野は理性を保てるのか。それとも……?
 奇妙な『脅迫関係』から始まったギャルJKとアラサー男のイチャイチャお隣さんラブコメ、開幕。

 転載防止のためカクヨムにも投稿してます

パパ活JKの弱みを握ったので、犬の散歩をお願いした。のページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました