全ての人から忘れられた少女

著者:てと

何かが足りない。俺は何を失った?凄く大事なものだったはずなのに、俺はそれを失った。心の中にぽっかりと穴が開いた様に。何にも耐え難い何かを失ってしまった。だが、思い出せない。

全ての人から忘れられた少女のページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました