王都の外れの錬金術師 ~ハズレ職業だったので、のんびりお店経営致します~

著者:yocco

私はデイジー・フォン・プレスラリア。優秀な魔導師を排出する子爵家生まれなのに、家族の中で唯一、不遇職とされる「錬金術師」の職業を与えられてしまった。
こうなったら、コツコツ勉強して立派に錬金術師として独り立ちしてみせましょう!
そう決心した五歳の少女が、試行錯誤して作りはじめたポーションは、密かに持っていた【鑑定】スキルのおかげで、他にはない高品質なものに仕上がるのだった……!
薬草栽培したり、採取をしに行ったり、お店を開いたり。
デイジーが研究に籠ったり、お店の常連さんに手伝って貰ったりして採取に出かけたり。
色んな人(人以外も)に助けられながら、ひとりの錬金術師がのんびり生きていく物語です。

王都の外れの錬金術師 ~ハズレ職業だったので、のんびりお店経営致します~のページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました