女の方が強い世界で、世界最強の天聖が男なのはおかしい 〜男の天聖の貞操観念が低くて、無防備だから今すぐにでも襲いたい〜

著者:shiryu

――天聖。
世界中の人々が認める、世界最強の称号。

冒険者でパーティを組んでいる、アルマ、レイナ、エメリア。
その三人は自分達の力に自信を持ち、天聖になりたいと思っていた。

そして天聖が住まうという、『天災の山』へ向かった。

しかし『天災の山』の魔物に殺されかけ……天聖に、助けられた。
だがそこで、新たな事実に気づく。

「……男が、天聖?」

この世界では、男性よりも女性が強いのが当たり前。
今までの天聖も、女性だったはず。
しかし今の天聖は……男性だった。

天聖である男、カミル。
小さい頃に前代の天聖にその才能を見抜かれ、天聖に至るほど鍛え上げられた。
とても面倒な仕事である天聖をやめたいと思っていたので……。

「三人とも、俺の弟子にならない?」
「「「……えっ?」」」

三人を弟子に取った。
次の天聖を育てれば、天聖をやめられるからだ。

こうして、アルマ、レイナ、エメリアは天聖の弟子となった。
しかし……。

「ねえ、カミルってなんであんなに無防備なんだろう?」
「襲いたいわ」
「同感だね」

カミルは親もおらず、子供の頃に天聖に攫われる形で「天災の山」にきたので、世間の常識を知らなかった。
女の方が強く、男の方が弱いということを知らない。
それでいて……男娼があるくらい、女性の方が性に積極的なのを、カミルは知らなかった。

貞操観念が低い、わからないカミル。
世間知らずの天聖に、女性三人は苦労していく。

この物語は貞操観念が逆転した世界で、
女性三人が、無防備な現天聖と……既成事実を作ろうとする物語である!
ついでに、女性三人が天聖になる物語。

女の方が強い世界で、世界最強の天聖が男なのはおかしい 〜男の天聖の貞操観念が低くて、無防備だから今すぐにでも襲いたい〜のページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました