はずれスキル【霊視】のせいで追放されたおっさん、見えてしまった英霊たちに鍛えられ最強に~かわいい弟子たちと自由気ままに生きていたら、最強の霊使いになってました~

著者:苗原一

35歳のおっさんアトスは、はずれスキル【霊視】のせいで不遇な日々を送っていた。
ある日パーティーから追放されたアトスは、新たな仲間を探すため、隣国へと旅立つ。
しかし、道中立ち寄った神殿で、人には見えない英霊が見えてしまった。

英霊たちは自分たちが神殿に封印されていることをアトスに伝えると、解放と引き換えにアトスの修行を申し出る。
アトスはそれを引き受け、最強の剣術、体術、魔法を習得すると、彼らを解放することに成功する。
しかも【霊視】スキルが霊を操るスキルに強化され、英霊が召喚できるようになった。

これはおっさん冒険者アトスが可愛い弟子たちと一緒に、自由気ままに暮らしていく話。

はずれスキル【霊視】のせいで追放されたおっさん、見えてしまった英霊たちに鍛えられ最強に~かわいい弟子たちと自由気ままに生きていたら、最強の霊使いになってました~のページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました