いずれ剣聖になったその時に 〜パーティのリーダーに「魔術師としての才能がない」と追放されたので剣士になったら王国でも随一の才能が開花した〜

著者:吾妻新

16歳になったばかりの青年アルセイヌは探索者として成功する事を夢見る魔術師だった。
だが魔術師としての才能が無かったアルセイヌは信じていた仲間に手酷い仕打ちをされ、パーティを追放される。そんな時、途方に暮れていたアルセイヌはギルドで一枚の依頼書を見つける。
『剣士急募。育成サポートあり』
まるで誘われるかのようにその依頼者を手にしたアルセイヌは、その時から王国最強である剣聖への道を歩き始める。

いずれ剣聖になったその時に 〜パーティのリーダーに「魔術師としての才能がない」と追放されたので剣士になったら王国でも随一の才能が開花した〜のページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました