テンプラな婚約破棄

著者:しろう

 母が亡くなって孤児院に引き取られていた私の下に、父と名乗る貴族様がやってきました。
 貴族になってしまったら、大好きな幼馴染と結婚できなくなってしまうではないですか! これは一大事です。
 そんな私と彼の下に、婚約者と上手くいっていない王子様が現れて……。

よくある王子様が婚約破棄を告げるテンプラなお話。

※深く考えてはいけません。
※他サイトにも投稿。

テンプラな婚約破棄のページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました