神スキル『時間操作』に目覚めた俺は復讐の女神と共に覇道を往く

著者:三島千廣

歩く゛時計“と揶揄されるクロノスは正確無比な体内時計を持ついわゆるスキルレスの冒険者だった。幼馴染みの恋人コンスタンツに誘われて冒険者ギルドで成長してゆく。新たに出会った仲間たちは、天与の才を持つコンスタンツと共に成功の階段を駆け上がってゆく。「クロノス、おまえの役目はもう終わったんだ」弊履を捨て去るように告げられたリレオンの言葉。その隣に立つコンスタンツはいつものように自分をかばうことなく、ただ目を逸らすだけだった。元の仲間たちから受ける必要以上の迫害。すべてを失ったかに見えたクロノスは時間を操る神スキルに開眼し復讎の女神と共にかつての仲間たちを断罪してゆくが……。

神スキル『時間操作』に目覚めた俺は復讐の女神と共に覇道を往くのページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました