王国の最終兵器、劣等生として騎士学院へ

著者:猫子

 騎士とは血筋と才能の世界であると、それが常識だった。教会孤児であったアインは王都の騎士学院に入学こそできたものの、最底辺の〈Eクラス〉、通称〈劣等クラス〉への組み分けであった。大貴族の優等生達に馬鹿にされながら、アインは〈劣等クラス〉の学友達と共に、一流の騎士となるべく学院生活を送る。
 ……しかし、学院長にだけは知らされていた。アイン――〈名も無き一号〉。彼は教会暗部が非道な実験の果てに造り上げた王国の最終兵器、裏の騎士団である〈幻龍騎士〉の一員であった。調整役の学院長が頭を悩ませる傍ら、アインは〈劣等クラス〉を率いて他のクラスを圧倒していく。
*他サイト様でも投稿しております。

王国の最終兵器、劣等生として騎士学院へのページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました