「次点の聖女」

著者:手嶋ゆき

 何でもかんでも中途半端。万年二番手。どんなに努力しても一位には決してなれない存在。
 私は「次点の聖女」と呼ばれていた。

「次点の聖女」のページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました