私の親友は

著者:咲森碧

ナプトラス王国の第一王子殿下であるカルセインはある日、不思議な女性と出会う。その女性と過ごし、お茶会である令嬢に一目惚れをした。婚約者になったのはいいが、その令嬢は婚約破棄を望む。

ちゃんと優しく接しているつもりなのに、何故なのか?

■よくある?話です。

私の親友はのページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました