聖女の見た夢

著者:黄舞

 国の繁栄のため、人々の安寧のため、一日中休むことなく祈り続けた一人の聖女と呼ばれた少女が居た。
 その祈りによって、国は栄え人々は安息の日を謳歌していた。

 ある日、少女は自分自身の幸せを夢みて、それを祈ってしまった。
 その日から少女は不思議な夢を見る様になった。

聖女の見た夢のページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました