シャロン・アルドリッジは返り咲く

著者:さき

親同然の年齢の男に嫁がされ、赤ん坊の子育てを押し付けられた哀れな令嬢シャロン。
15年の年月を経て、愛のない夫を弔い可愛い子供達を育て上げ、シャロンは再び社交界復帰を迎える。

「これからは私が人生を謳歌する番、もう誰にも哀れなんて言わせない」

逆玉の輿を狙う曲者庭師のエドワードと、可愛い我が子のレイラとフィル。
今日も薔薇の庭園でお茶をしつつ、シャロンは社交界に華々しく返り咲く。

シャロン・アルドリッジは返り咲くのページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました