学校一の美少女は、告白されると俺の名前を出して断るらしい

著者:城野白

【氷雪の女王】と呼ばれる少女――氷雨(ひさめ)小雪(こゆき)。
誰もが見惚れるほどの美貌を持っていながら、誰も近づけない、いかなる男子の告白にも見向きもしない。その冷酷な態度から、一部では熱狂的なファンを、そして大部分からは強烈な反感を買っている。
平和主義者の俺は、そんな彼女に近づくようなことはしない……はず、だったのだが。
学校に禁じられているアルバイトをしているところを見てしまい、それをきっかけに関わるようになっていく。

これは恋を知らないクーデレ少女と、お人好し男子によるラブコメである。

※誤字報告、ありがとうございます。誤用など、勉強になります。
 こちらでも調べ、吟味したうえで修正をしていますので、適用されない場合があります。その点については、ご了承ください。

学校一の美少女は、告白されると俺の名前を出して断るらしいのページへ

※「小説家になろう」は株式会社ヒナプロジェクトの登録商標です
本サービスは株式会社ヒナプロジェクトが提供するものではありません

コメント

タイトルとURLをコピーしました